ご用心 気温が5度以上低下すると「命の危険」が上昇する

 急激に冷え込む日が増えてきた。寒くなると心筋梗塞や心不全といった心臓病、脳卒中や脳梗塞の患者が増えるという。厚労省の統計によると、心筋梗塞などの心臓病による死亡数は1月が最も多く、次いで2月、12月、3月と冬季に集中していて夏季の1.5倍に上る。

 とりわけ、寒くなり始めの時季は、前日に比べて気温が5度以上も下降した日が要注意だ。

 イギリス医師会雑誌の研究によると、気温が1度低下すると心筋梗塞の発症が28日間で2%増加するという。また、今年の欧州心臓病学会では、最低温度が10度低下すると7%増加する研究が報告された。別の研究でも5度低下すると15日間で5.7%の増加が認められている。

 欧州には〈クリスマス梗塞〉という言葉があるという。クリスマスに暖かいレストランで食事をしてから急に寒い店外に出ると、温度差によって心筋梗塞や脳梗塞を発症するケースが増えることから生まれた言葉だ。温度差は、血管を直撃するのだ。

1 / 3 ページ

関連記事