糖尿病予防で男性が見習うべきは「昭和の父とOL」

“子供も小さいし、家のローンもある。60歳以降も働かないと……”“定年からがオレの人生。元気でいなくちゃ”そんな願いをぶち壊すのが患者数が急上昇している糖尿病だ。全国に糖尿病とその予備群は2210万人いてその4割は治療を受けておらず、年間1万7000人が血液透析が必要となり、3000人が失明、足を切断する人も多い。しかし、がんと違い糖尿病はこれからの努力次第で防げる病気。“糖尿病になってたまるか!”と強い決意を持つ中高年は何から始めるべきか?

 糖尿病が恐ろしいのは、発症してから10~15年で神経障害、腎機能低下、網膜症、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞、皮膚病、下肢閉塞性動脈硬化症などの合併症があらわれること。

 そうなると、失明、足の切断などが待ちうけ、苦しみのうちに人生を終えることになる。“血糖値は高めだが、オレだけは大丈夫。なんとかなるさ”なんて言っている場合ではないのだ。

1 / 4 ページ

関連記事