日本はなぜ先進国で唯一エイズ患者数が増加しているのか?

 エイズは決して他人事の病気ではない。

 厚労省はエイズに関する国内のデータを年4回発表しているが、8月の報告では、4~6月のエイズウイルス新規感染者・発症者は440人で、新規発症者は146人と過去1位。ほぼ男性で、40代以降が約7割だ。

 日本は、先進国の中で唯一エイズ患者が増加している国だ。来る12月1日は世界エイズデー。最近のエイズ事情について、国立国際医療研究センターの岡慎一エイズ治療研究開発センター長に話を聞いた。

「発症者が増加し続けているのは、エイズ検査を受けている人が少ないという点に尽きます。特に中高年は少ない。しかし、エイズ検査で感染の有無を知るのと知らないのでは、天国と地獄ほどの差があります」

 エイズは不治の病というイメージが強いが、それは15年ほど前の話。
「1日1回薬を服用すれば、エイズウイルスの増殖をほぼ抑えられます」

1 / 3 ページ

関連記事