痛風発症リスク20倍以上 ビールより怖い遺伝子変異

飲み過ぎはダメ/(C)日刊ゲンダイ

「ビールの飲み過ぎが痛風のリスクを上げる」は半ば常識になっているが、そうとばかりはいえないことが明らかになった。研究を行ったのは、東京薬科大学病態生理学教室・市田公美教授、防衛医科大学校分子生体制御学・松尾洋孝講師、東京大学医学部付属病院薬剤部・高田龍平講師ら。市田教授に話を聞いた。

 これまで尿酸値が高ければ、みな一律に生活習慣改善を指導されてきた。

「ところが今回、遺伝子『尿酸排泄輸送体ABCG2』に変異があると、尿酸の排泄機能が落ちて体内に蓄積し、高尿酸血症・痛風(以下、痛風)のリスクが著しく上がることが分かったのです」

 最初に、日本人の患者90人を対象に調べたところ、8割が尿酸排泄輸送体ABCG2の遺伝子変異を持っていた。遺伝子変異にはさまざまなタイプがあるが、そのうちQ126X、Q141Kの2タイプが尿酸の排泄機能を著しく下げ、しかも起こる頻度が高い(持っている人が多い)ことが明らかになった。

1 / 4 ページ

関連記事