健康医療データの読み方

90種類もある専門医

 専門医と聞くと、何かありがたいものを感じるひとも、大勢いるでしょう。専門医には、「スーパードクター」を連想させる響きがあり、安心感があるからです。しかし、その実態は、かなり異なるものです。

 専門医は、医学系の各学会が独自に基準を設け、一定の要件を満たしたものに対して与える、その意味で民間の称号に過ぎません。たとえば外科専門医は、日本外科学会が認定する称号です。日本外科学会の会員で、かつ決められた臓器ごとに、決められた手術数をこなすことが、認定の条件となっています。

 もともとあまり価値のある称号ではなかったのですが、2002年を境に状況が一変しました。この年、厚生労働省が、専門医の資格を、医師本人や病院の宣伝に使っていいとする通達を出したのです。また、一定の条件を満たした学会に対して、新たな専門医の創設を許可する通達も出しました。

1 / 2 ページ

関連記事

病院再編で泣く職種