健康医療データの読み方

専門医制度は3階建て

写真はイメージ/(C)日刊ゲンダイ

 約90種類もある専門医。それらは大きく3階層に分かれています。基本領域、サブスペシャリティー領域、そして横断領域の3つです。

 専門医を目指す医師は、まず基本領域からスタートします。内科専門医、外科専門医、小児科専門医など、全部で18種類あります。病院などでよく目にする診療科目と、ほぼ同じ分かれ方です。

 それぞれの学会が指定する病院で、3年から5年以上の修練を積むこと、指定された症例を必要数以上経験すること、認定試験に合格すること、などが専門医取得の条件です。

 基本領域を終えた医師のなかには、さらにサブスペシャリティー領域の専門医を目指す人もいます。消化器病専門医、呼吸器専門医、肝臓専門医など、臓器別の専門医が用意されています。また糖尿病専門医、アレルギー専門医、感染症専門医など、病気別の専門医もあります。

1 / 2 ページ

関連記事

90種類もある専門医

病院再編で泣く職種