健康医療データの読み方

病院の戦力が低下するのは春と秋が多い

写真はイメージ/(C)日刊ゲンダイ

 開業医は、言ってみれば自営業ですから、新しいクリニックを何月からスタートするかは本人の自由。しかしここにも、クッキリと季節差が見てとれます。クリニックの新規開業は例年、春(4月)と秋(9・10月)がピークになっているのです。

 2010年を例に見てみましょう。この年は、合計で4590件が新規に開業しています。

 ここ数年、毎年5000件前後の新規開業がありますが、一方で院長の高齢化などにより、4000件前後が廃業しています。そのためクリニックの純増は、毎年1000件前後で推移しています。

 さて、10年ですが、2月の開業が最も少なく、276件にとどまりました。

 しかし4月には578件、9月は427件でした。同様に11年には4884件が開業しましたが、4月が553件、9月が607件といった具合です。

1 / 2 ページ

関連記事

入院のピークは年3回

3月生まれは少ない

冬は死亡が増える