乃木坂、ももクロ…日本列島「インフル禍」で続々ダウンの怪

乃木坂48の生駒里奈、ももクロの有安杏果/(C)日刊ゲンダイ

 昨年末から芸能界をインフルエンザが席巻している。ザッと挙げただけでも、「乃木坂46」の生駒里奈(19)、「NEWS」の小山慶一郎(30)、「ももいろクローバーZ」の有安杏果(19)、「w-inds.」の橘慶太(29)、「SEKAI NO OWARI」のDJ LOVE(29)……。

「通常、インフルエンザのピークは1月。ところが12月から大流行している」と話すのは、作家で、米山医院院長の米山公啓医師だ。

「東京・あきる野市にある当院では、年末年始の休日診療中、多い時では1日100人超の患者さんのうち、80人がインフルエンザでした。この周辺では12月中旬から下旬にかけて、学級閉鎖になる学校がいくつもあった。子供たちが感染し、年末年始で家族みんなが感染・発症したケースがほとんど」

 患者の中には、すでにワクチン接種を済ませていた人も多かった。

1 / 2 ページ

関連記事