健康医療データの読み方

8人に1人が医療系を目指す

写真はイメージ/(C)日刊ゲンダイ

 正月気分も抜け、いよいよ2015年も本格始動といったところでしょうか。とりわけ受験生を抱えたご家庭は、これからが本番です。今年も例年通り、就職に有利だといわれる医療系の大学が人気です。実際に、どのくらいの人数が、医療を目指しているのでしょうか。

 文部科学省の学校基本調査をもとに、2002年と11年の保健医療系の進学者数を見てみましょう。

●2002年
大学3万5000人
短大3万8000人
専門学校8万1000人
合計15万4000人

●2011年
大学6万人
短大1万1000人
専門学校7万7000人
合計14万8000人

 短大・専門学校まで含めると、医療を目指す学生数は、むしろ減少傾向にあります。ただ、18歳人口そのものが減っているため、18歳人口に占める割合としては、ほとんど変わっていません。短大が激減し、4年制大学への転換が進んだ結果、医療系を目指す若者が急増したように見えるのです。

1 / 2 ページ

関連記事

入院のピークは年3回

3月生まれは少ない

冬は死亡が増える