冬場は関連死が急増 「心臓カテーテル治療」5つの疑問

写真はイメージ (C)日刊ゲンダイ

「ステントでアレルギーが出たという経験はありません。アレルギーを実証する医学リポートもないので、安心していいでしょう。また、造影剤を使用するので、急性腎不全を心配する人もいますが、点滴に長い時間をかけて、腎臓に負担をかけないよう注意して治療していますから大丈夫です。ただし、高齢者とコレステロールの高い患者には脳梗塞のリスクがあるので怖いですね」

■耐久期間は?

「一般的に再狭窄率はバルーンで30%、ステントで20%といわれています。早ければ3カ月で再狭窄し、再狭窄したときはさらにカテーテル治療を行うことができますが、場合によってはバイパス手術に変えることもあります」

 再狭窄がなければ、ステントの耐久期間はどのくらいあるのか?

「日本では1994年から保険適用になっており、10年以上の長期適用でも問題が起きたとの報告はありません。一般的にステント部分での再狭窄は少ないといわれています」

■何回できる?

「再狭窄が新たに出来ればその部分をステントで治療します。動脈に数個ステントを挿入した人は珍しくありません。上手に治療を受けて元気に社会活動することが大事です」

3 / 3 ページ

関連記事