みのもんたに巨額賠償請求 「水飲み健康法」は死を招く

血液サラサラは幻想(C)日刊ゲンダイ

 有名司会者の「水を飲もう」という発言を信じて健康を害したという主婦の話題が、先日スポーツ紙で報じられた。近年、“水飲み健康法”がよく言われるが、東京都健康長寿医療センター顧問・桑島巌医師(高血圧外来/循環器専門医)は、「ある条件の人にとっては、水をたくさん飲むことが死を招くことだってあります。即刻やめていただきたい」と警鐘を鳴らす。詳しく聞いた。

 くだんの記事の内容は、みのもんた(70)が、かつて司会を務めていた日本テレビ系情報番組「午後は○○おもいッきりテレビ」と「おもいッきりイイ!!テレビ」で「水を飲もう」と勧めたところ、80代の主婦が実践し、習慣化。それによって、うっ血性心不全などを発症したというもの。主婦は、テレビで発言したみのに責任があるとして、約6700万円の損害賠償を求めて提訴している。

 コトの行方は別にして、水をたくさん飲むと、そんな事態に陥るものなのか?

1 / 3 ページ

関連記事