網膜剥離、緑内障…「近視の度数」が強い人に“失明”のリスク

中等度以上なら精密な眼底検査を(C)日刊ゲンダイ

 実は、度数は普通の視力検査で測定されている。ただし、視力は告げても、度数までは告げない医療機関もある。吉野院長は、度数の程度が中等度以上であれば患者にそれを告げ、今後の注意を促す。なぜなら、重大病の発症リスクがあるからだ。

 その最たるものが、網膜剥離だ。

 眼球の内側の壁には、網膜という神経の膜がぴったり張り付いている。しかし近視になると、眼軸(眼球の軸)が長く伸び、網膜は眼球が伸びる方向に引っ張られる。

 さらに、網膜に接している眼球内は硝子体と呼ばれるジェル状の物質で満たされているが、硝子体は加齢と共に収縮し、網膜面から剥がれ(後部硝子体剥離)、網膜を引っ張る。

「強度近視は、これらの網膜が引っ張られる力が強いため、網膜に裂け目が入る網膜裂孔や、網膜が眼球の内側の壁から剥がれる網膜剥離のリスクが高くなるのです」

2 / 4 ページ

関連記事