糖尿病や直腸がんも 「夏バテ」ひどければ別の病気を疑うべし

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

「生理がない男性は貧血の頻度が少ない分、貧血が見られる時は重篤なケースが考えられます。消化管の出血で貧血を起こしていて、Bさんのように『がんだった』ということも。女性の場合は、疲労感やだるさの原因が貧血である場合は多い。ただ、調べると子宮筋腫など婦人科の疾患が見つかることもあります」

 三木院長が研修医時代に診た20代女性のDさんは、内科の検査結果で、重度の貧血が判明。

「最初は、『夏くらいから膝が痛い』と整形外科を受診したのです。膝のレントゲン検査では異常が見つからず、疲労感もあったので、内科に紹介されてきました」

 20代女性の貧血は、珍しいことではない。しかしDさんは、さらなる検査で、貧血の背景に白血病があることが分かった。膝痛と白血病の関連性ははっきりしなかったが、「貧血は女性によくあるもの」とされていたら白血病の診断が遅れるところだった。

3 / 4 ページ

関連記事