Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【今井雅之さんのケース(2)】便潜血検査が陽性なら症状なくても大腸カメラを

 俳優・今井雅之さんの命を奪ったのは、大腸がんでした。今年4月、ステージ4の末期であることを告白した会見によると、昨年8月に腹痛が続いて近くのクリニックを受診したところ、「腸の風邪」と言われたそうです。ところが、処方された薬を飲んでもよくならず、11月に仕事先の兵庫県西宮の病院でCT検査を受けた結果、がんが腸の2、3カ所をふさいでいたといいます。

「腸の風邪」は明らかな誤診ですが、がんが腸をふさぐほど大きくなるまでには10年から20年以上かかります。もっと早いうちにがんを見つけることはできなかったのでしょうか。今回は、大腸がんの早期発見について考えてみます。

 大腸がんの症状は、お腹が張る、血便、下血、便が細くなる、残便感がある、貧血などがあります。しかし、早期の大腸がんでは、ほとんど自覚症状は出ませんから、症状をアテにすることはできないのです。今井さんのケースも、腹痛といった異変を感じたのは、診断の1年ほど前でした。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。