真似したい伝承療法

山口県のビワ茶

山口県のビワ茶(C)日刊ゲンダイ

 瀬戸内海に浮かぶ、山口県の祝島。古くから農業が盛んで、中でもビワは島を代表する特産品の1つだ。

 ビワの葉は栽培途中で剪定されるが、それを有効利用し、“ビワ茶”が作られている。しかも、祝島のビワは、ほとんどが農薬に頼ることなく作られているから安心だ。

 近年、健康によいからと、ビワ茶が注目されているが、祝島では昔から島民の間で飲まれていた。

 今では通販などでも入手でき、祝島産のビワ茶ファンは全国に広がっている。1年前、自然食品店でビワ茶を購入して以来、なるべく飲み続けているという、会社員の渡辺修一さんもそのひとり。

「祝島産のビワ茶は、ビワの香りが口に広がり、あとから、ほんのりとした甘味が伝わってきます。また、これを飲むようになってから胃腸の調子がよくなり、夏バテもしなくなりました」

 東洋医学的に見ると、ビワの葉には健胃、滋養強壮などの作用があり、暑気あたりにもよいという。マグネシウムやカルシウム、カリウム、亜鉛など、含有ミネラルの種類が豊富な点も見逃せない。

1 / 2 ページ

宮岸洋明

1965年、石川県生まれ。出版社勤務後、95年、健康ライターとして独立。以来20年、健康雑誌などで取材・執筆活動を開始。本連載では、世界的な長寿国である日本の伝承料理がテーマ。「健康長寿の秘訣は“食”にあり」をキーワードに、古くから伝えられてきた料理や食材を実食し、その栄養価、食味や調理法を紹介。筆者自身も、約1年前から数々の伝承料理を食べ約20キロのダイエットに成功。メタボを脱出し、健康診断もオールA。