真似したい伝承療法

北海道礼文島の根昆布水

北海道礼文島の根昆布水(C)日刊ゲンダイ

 日本が実効支配している最北端の有人島、礼文島。そこにある香深浜は、利尻昆布の収穫浜として知られている。

 京都の高級料亭などでも重宝されていることから、その品質の高さは折り紙つき。もちろん、ダシとして利用するには最高なうえに、健康にいいからと、香深浜産・利尻昆布の根っこを使った「根昆布水」がジワジワと浸透してきている。

 会社員の大久保健一さんも飲用するひとりだ。

「50代に入った途端、血圧が150を超えました。これはいけないと、減塩や適度な運動を心がけ、さらに、知人にすすめられた根昆布水も飲み始めたのです。そうした努力が実ったのか、1カ月で血圧が130まで下がりました」

 利尻昆布には、カリウムが豊富に含まれている。カリウムは余分なナトリウムを排出し、血圧を正常に保つ働きがある。ぬめり成分のアルギン酸は食物繊維の一種。これは、過剰となったコレステロールを包み込み、排出してくれるのだ。そのほか、マグネシウムやカルシウム、鉄などのミネラル分も多い。

1 / 2 ページ

宮岸洋明

1965年、石川県生まれ。出版社勤務後、95年、健康ライターとして独立。以来20年、健康雑誌などで取材・執筆活動を開始。本連載では、世界的な長寿国である日本の伝承料理がテーマ。「健康長寿の秘訣は“食”にあり」をキーワードに、古くから伝えられてきた料理や食材を実食し、その栄養価、食味や調理法を紹介。筆者自身も、約1年前から数々の伝承料理を食べ約20キロのダイエットに成功。メタボを脱出し、健康診断もオールA。