真似したい伝承療法

新潟県の鬼もろこし

新潟県の鬼もろこし(C)日刊ゲンダイ

 新潟県魚沼地方といえば、コシヒカリがあまりにも有名。でも、中魚沼郡津南町には、コシヒカリにも負けないほどの甘さを誇るとうもろこしがある。それが「鬼もろこし」だ。

 新潟県のアンテナショップで鬼もろこしのスープを購入して飲んで以来、大ファンになったという、自営業の島田智明さんはこう話す。

「これほど甘く、濃厚なコーンスープは初めてでした。甘いものは得意ではありませんが、これは別格です。体にもきっといいと思いますよ」

 津南町は高原地帯にあるため、収穫時期の夏場は昼夜の寒暖差が非常に大きい。昼間、鬼もろこしは強い日光を受けて光合成し、豊富なデンプンを蓄える。その一方、朝晩は冷え込み、デンプンの無駄な消費を抑えられるので、甘味が多く残っているのだろう。

 鬼もろこしをはじめとする、とうもろこしの栄養価はかなり高い。

1 / 2 ページ

宮岸洋明

1965年、石川県生まれ。出版社勤務後、95年、健康ライターとして独立。以来20年、健康雑誌などで取材・執筆活動を開始。本連載では、世界的な長寿国である日本の伝承料理がテーマ。「健康長寿の秘訣は“食”にあり」をキーワードに、古くから伝えられてきた料理や食材を実食し、その栄養価、食味や調理法を紹介。筆者自身も、約1年前から数々の伝承料理を食べ約20キロのダイエットに成功。メタボを脱出し、健康診断もオールA。