真似したい伝承療法

宮崎県のカツオ花

宮崎県のカツオ花(C)日刊ゲンダイ

 カツオの一本釣りで知られる宮崎県。この時季、釣りたての初ガツオの刺し身も絶品だろうが、それに負けないほどの味を誇るのが、「カツオ花」だ。

 上質のカツオ節にたっぷりのゴマをすり込み、醤油で味を調えたもの。宮崎の漁師町では古くから親しまれ、今ではネット通販などでも購入できる。

 都内にある宮崎県のアンテナショップで購入して以来、カツオ花の大ファンになったという会社員の平沼智久さんはこう話す。

「ご飯にかけてもいいし、味噌汁のダシにしてもいい。そのまま酒の肴にもなります。おいしいだけでなく、疲労の回復も早くなりました」

 カツオ節の栄養価の最大の特徴は、タンパク質の材料となるアミノ酸が豊富に含まれていること。

 人間の体に必要なアミノ酸は20種類あるが、そのうち9種類は体内で合成できず、必須アミノ酸と呼ばれている。必須アミノ酸は食物から取るしかないが、カツオ節はすべての必須アミノ酸をたくさん含んでいるのだ。

1 / 2 ページ

宮岸洋明

1965年、石川県生まれ。出版社勤務後、95年、健康ライターとして独立。以来20年、健康雑誌などで取材・執筆活動を開始。本連載では、世界的な長寿国である日本の伝承料理がテーマ。「健康長寿の秘訣は“食”にあり」をキーワードに、古くから伝えられてきた料理や食材を実食し、その栄養価、食味や調理法を紹介。筆者自身も、約1年前から数々の伝承料理を食べ約20キロのダイエットに成功。メタボを脱出し、健康診断もオールA。