愉快な“病人”たち

政治評論家・有馬晴美さん(57) 胆のう結石(胆石)

有馬晴海氏(C)日刊ゲンダイ

 1年前の春、胃のあたりのむかつきが1週間ほど続き、大阪出張に行ったときは2日間眠れなかった。東京に戻り、熱っぽい気もするので風邪かと思って、行きつけの病院に行きました。

 血液検査をすると、白血球数が普通なら8000ぐらいのところ、2万3000もあった。「これは異常事態だ」とエコー検査を受けると、胆のうに大きな石と膿がたまっていたのです。総合病院に救急転院。その日が土曜日だったので、日曜を挟み、2日後に胆のうを全摘出することになりました。

 摘出した結石は、卵のSサイズほど。最近ではこれほど大きな結石は珍しいそうです。これで破裂でもしたら命に関わるところでしたね。

 手術は腹腔鏡下で、へその周りをぐるりと切った。事前の説明では1時間半程度といわれていたのに、結石があまりに大きかったので6時間もかかった。妻は相当心配したみたいです。ただ、開腹手術をせずに済んだので、術後4日で退院し、すぐ仕事に復帰できました。

1 / 4 ページ