役に立つオモシロ医学論文

牛乳は死亡リスクを下げる?

(C)日刊ゲンダイ

 牛乳を飲む頻度は「全くない」「月に1~2回」「週1~2回」「週3~4回」「ほぼ毎日」の5つのカテゴリーに分類し、「全くない」と比較してカテゴリーと死亡のリスクを検討しています。

 喫煙状況、アルコール摂取、高血圧や糖尿病歴など、結果に影響を与えうる因子を考慮して解析した結果、全く飲まない人に比べて、月に1~2回以上飲む男性では死亡のリスクが7~11%統計的にも有意に減少しました。一方、女性ではあまり明確な差は出ませんでした。

 この研究では明確な死亡のリスク上昇が示されたわけではなく、むしろ男性ではリスク低下が示唆されていますが、その差はわずか。また、単に牛乳を飲む量を増やせば健康的とも言えない印象です。

2 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。