どうなる! 日本の医療

戦略医療特区構想にほころび!?

 神奈川県立がんセンターの重粒子線治療施設「iROCK」が今年12月のオープンを待たずして崖っぷちに立たされている。

 今夏、日本放射線腫瘍学会が厚労省に求められていた、「粒子線治療が既存がん治療法に比べて優位とするデータ」について、「一部がんについてのデータは集められなかった」と報告したからだ。

「現在、重粒子線治療は特例で混合診療が認められる先進医療Aの扱いを受けています。ところが、今回の学会報告により“重粒子線が行うがん治療の一部が先進医療から外される”との見方が広がっているのです。とくに“一部がん”に前立腺がんが含まれているため、“重粒子線治療施設の運営が成り立たなくなる”と噂されています」(神奈川県の医療関係者)

 実際、日本初の重粒子線治療施設である、放射線医学総合研究所(千葉県、通称・放医研)の前立腺がんの登録患者数は24.9%とダントツに多い。他の重粒子線治療施設も同様で、前立腺がんの患者が、重粒子線治療を支えていると言っても過言ではない。神奈川県議会の関係者が言う。

1 / 3 ページ

村吉健

地方紙新聞社記者を経てフリーに転身。取材を通じて永田町・霞が関に厚い人脈を築く。当初は主に政治分野の取材が多かったが歴代厚労相取材などを経て、医療分野にも造詣を深める。医療では個々の病気治療法や病院取材も数多く執筆しているが、それ以上に今の現代日本の医療制度問題や医療システム内の問題点などにも鋭く切り込む。現在、夕刊紙、週刊誌、月刊誌などで活躍中。