役に立つオモシロ医学論文

運動で風邪は予防できるか

(C)日刊ゲンダイ

 もっともありふれた病気でありながら、医学が進んだ今日でも治すのが難しいといわれるのが風邪です。治療ができないのですから予防が難しいのは当然で、数ある風邪の予防法について、実際に効果がしっかり検証されたものは限定的です。しかし、いくつかの研究では積極的に運動をすることで免疫力が高まり、風邪を予防する可能性があることが示唆されています。ご紹介しましょう。

 風邪予防に対する運動の効果を検討した研究は、「韓国家庭医療学会誌」(2014年5月号)に掲載されています。この研究は週に5回以上、定期的にウオーキングなどの有酸素運動をする人たちと、運動しない人たちを比較した複数のランダム化比較試験(前向き臨床研究)を統合解析(メタ分析)したものです。

 解析対象の研究を選定するに当たり、この論文著者2人が独立して文献評価を行うなど、結果に偏りが出ないよう配慮がなされています。

 風邪の発症については4研究の統合解析(解析対象281人、平均32.8~60.9歳)が行われ、運動した人たち134人中50人が発症、運動しなかった人たち147人中75人が発症し、運動をした人たちで27%統計的にも有意に減少しました。

 また、風邪の罹病日数については3研究の統合解析(解析対象166人)が行われ、各研究間にばらつきがあるものの、平均3.5日ほど少ないという結果になっています。

 解析の対象となったランダム化比較試験の結果の妥当性はあまり高くなく、症例数も少ないため、やや結果を過大に評価している可能性もあり、明確なところは不明ではあります。しかし、普段運動不足の方が、積極的にウオーキングなどに取り組むと風邪予防に効果があるかもしれません。

青島周一

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。