Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【愛川欽也さんのケース(2)】人知れず闘病できた裏に緩和ケアあり

愛川欽也さん(C)日刊ゲンダイ

 その場合も、必要に応じて緩和ケアを受けることが重要です。愛川さんのがんは脊椎に転移したという報道がありました。骨への転移は痛みが強く、脊椎の内部は神経の束が通っているため、麻痺が出る危険もあります。あくまで推測ですが、番組出演時には、痛みを除くなどの緩和ケアを受けていたと思われます。

 本人としては、まだまだやりたいこともあったでしょうが、1000回の節目までやり切った事実は重い。

 がんであっても、治療法の選択次第で、病気と折り合いながら自分の理想に近い最期を迎えることができるということです。

中川恵一・東大医学部付属病院放射線科准教授

3 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。