天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

心房細動は感知できる病気

 カテーテルアブレーションを受ける場合、心房細動が慢性化してから2年以内に行うのが大まかな目安です。

 心臓はすべて筋肉でできています。心房細動になると、規則正しい収縮を維持する筋肉を使わなくなってしまうので、筋肉がどんどん衰えてしまいます。

 それによって本来備わっている心臓自体のペースメーカー機能(洞機能)が悪化し、ペースメーカーの埋め込みが必要になってしまうのです。

 カテーテルアブレーションを希望する患者さんは、洞機能が悪化する前に担当医に相談してください。

4 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。