天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

冠動脈が3本詰まっていたらバイパス手術が第1選択

 また、自分と同じ病気の手術総数やオフポンプ手術の割合なども確認しましょう。経験値が高い病院なら、それだけ高規格のオフポンプ手術を行っているだろうと判断できます。

 次回は、冠動脈バイパス手術を受けるにあたって重要な2つ目のポイント、「長持ちする血管をバイパスに使うこと」について説明します。

4 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。