天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

気温や気圧の対応で心臓に負担がかかる

 また、季節の変わり目には、心臓だけでなく腎臓や肝臓の状態にも気を配ることが重要です。とりわけ高齢者が心臓病を管理していくには、どうしても投薬が必要になります。

 腎臓と肝臓は、薬の最終的な“処理場”です。薬がきちんと効果を発揮できるかどうかは、腎臓と肝臓がしっかり機能しているかどうかによって左右されるのです。

 かかりつけの病院では、2~3カ月に1回は必ず採血して、腎臓と肝臓の状態を診てもらってください。薬を処方するだけで、採血検査をしないところであれば、別の病院を探したほうがいいでしょう。

4 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。