天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

「心臓リハビリ」が再発を防ぐ

 しっかりした心臓リハビリは、それなりの設備が必要なので、「リハビリ科」などを標榜している施設でなければ受けることができません。ただ最近は、リハビリに対する診療報酬の加算が手厚くなっているので手術数が多くない施設でも積極的に設備を揃えて実施するようになりました。

 手術を担当した医師に、「自宅の近くに心臓リハビリができる施設があるかどうか」を聞いてみてください。必ず後押ししてくれるものです。

4 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。