天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

最初から高度な検査、治療は必要ない

 当院でも、こんな例がありました。定期健診で「大動脈が通常より太いから、大動脈瘤の疑いがあるのではないか」と指摘された患者さんが、大動脈の病気に強い大学病院を自分で調べて受診したところ、「すぐに手術した方がいい」と言われ、驚いて手術を受けたそうです。しかし、術後に傷口での院内感染を引き起こす「MRSA」に感染。取り換えた心臓の弁も外れてしまって、結局、当院で再手術することになりました。

 通常なら、ひとまず自覚症状が出るまでは経過観察で様子を見る段階です。それがいきなり高度な検査や治療を行っている大学病院を訪れたことで、病院側が望む治療を押しつけられ、深刻な事態を招いてしまったのです。

 段階的に対応していく“待てる患者さん”は、もっとも最大公約数的な正解が出やすく、有害事象を引き起こす可能性も低いといえます。ただ、すでに治療を受けたことがある患者さんや、血圧、糖尿病、循環器系疾患の薬をいくつも飲んでいるのに症状が出る場合は、未治療の患者さんよりも一段階悪い状態です。

 すでに精密検査が必要な段階なので、なるべく早く、今かかっているクリニックの担当医に紹介状を書いてもらい、高度な検査や治療ができる病院を受診してください。

3 / 3 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。