天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

「スーチャーレス弁」で安全な手術ができる

 心臓にある大動脈弁が開きにくくなって血液の流れが悪くなる大動脈弁狭窄症は、突然死の可能性がある深刻な疾患です。

 悪くなった弁を完全に治すには大動脈弁を人工弁に取り換える弁置換が必要で、外科手術の他に、近年は「TAVI」(経カテーテル大動脈弁留置術)が登場しました。胸を切開せずにカテーテルを使って人工弁を留置するので、体への負担が少ない治療法です。

 ただし、現時点では人工透析を受けている患者さんはTAVIの適応から除外されています。透析患者さんは高い確率で動脈硬化が進んでいるため、トラブルが起こる可能性が高いと判断されているのでしょう。

 このところ増えてきている糖尿病性腎症による透析患者さんは、足の血管がガチガチに石灰化していることも多く、大動脈弁の石灰化も早いため、一生の間に何らかの治療が必要になるケースが多い。それなのに、TAVIの適応から外れているため、手術しか選択肢がない状況です。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。