天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

仕上げの正確さが危険な感染症を防止

 その結果、それまでは2%程度起こっていた感染症をほぼなくすことができたのです。いま手術に携わっている看護師のほとんどは、「感染症で傷が開いてしまう」という経験はしたことがありません。われわれの感染症対策チームは世界の第一線をリードしているといっていいでしょう。

 次回は、感染症対策についてさらに詳しくお話しします。

4 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。