天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

正当な手続きを踏まないカテーテル治療も行われている

 内科医が行うカテーテル治療は、胸にメスを入れずに済むので患者の負担が少なく、全体的な治療のレベルも上がってきています。手術と同じ治療効果なら、侵襲の少ない治療法が選ばれるべきでしょう。

 ただし、手術と比べると手軽に処置できる分、いくつか問題点もあります。近年、患者さんが“ウオークイン”でカテーテル治療を受けられる病院が目につくようになりました。病院内にカテーテル治療を行える部屋がいくつもあり、来院した患者さんは玄関からカテーテル室まで歩きながら、病院スタッフによる問診や説明を受けます。その過程である程度のリスクを判断した後、血液検査をして腎臓などに問題がなければ、そのまますぐにカテーテル治療を行う病院もあります。しかし、治療を行うまでにショートカットしている部分があるわけですから、その分だけ見落としリスクが増え、副次的な合併症を起こす可能性がアップすることも考えられます。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。