天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

体調の変化を医師に伝えれば合併症のリスクは減る

 残念ながら、手術を受ける前に、患者さんが医師の良しあしを見極めることは難しいといえます。とんでもない医師を避けるためには、手術する前に医師との間に信頼関係をどれだけ築けるかが重要です。

 そのためには、患者さんが自分の病気に対する知識をどれだけ蓄えておけるかにかかっています。

 中には、最初から患者さんにウソをつく医者もいます。だからこそ、患者さんはしっかりとした知識を身につけ、「おかしいな」と思ったら、「〇〇病院の××先生にも診断を受けたい」と、術後にセカンドオピニオンを求めるぐらいのことをする必要があります。

4 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。