天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

合併症を徹底管理すれば手術結果もいい

 これまで紹介してきたように、糖尿病や腎臓病、がんといった合併症を抱える患者さんの心臓手術は、注意しなければならないポイントがいくつもあります。

 心臓外科医がそれをしっかり理解したうえで対処するか、面倒くさいと思って対処するかで、手術の結果が大きく変わってきます。その点、日本の外科医は努力を重ねていて、非常に優秀です。欧米などの外科医と比べるとアプローチが緻密だといえます。

 欧米では、ある一定の平均的な外科医が対応できる範囲に当てはまる患者さんが普通であって、そこから外れる場合は患者側が悪いとみなします。これは、日本と欧米の保険制度の違いによるところも大きいでしょう。

 日本の保険制度はすべての人に平等な治療を提供するという理念を原則にしています。一方、欧米では、患者が入っているタイプの保険でカバーしきれないケースは、やはり患者が悪いと判断され、治療を受けられません。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。