天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

合併症を徹底管理すれば手術結果もいい

 これが日本の外科治療の優れている点といえます。血糖でも血圧でも、なるべくいい状態にしてから手術をするほうが結果もいいということを分かったうえで、実践されているのです。

 これまでの努力の積み重ねによって、そうした優れた治療ができるようになったのですが、これからの外科医はさらに努力をしなければならない時代になってきています。治療成績を上げていくためには、心臓病だけでなく、他にさまざまな病気を抱えている患者さんに対応する必要があるからです。心臓病患者が抱える合併症のバリエーションも変わってきているので、それに応じてわれわれ心臓外科医も工夫していかなければいけません。

 ただ、そうなると心臓を手術する際に、これまで以上に手間と時間がかかるようになります。手間と時間は患者さんに対するリスクになりますし、病院によってレベルの格差も出てきます。現在でも、本当はこういう処置をしたほうがいいのに、その病院ではできないからそこまで踏み込んだ手術はせず、とりあえずその手前の段階で済ませておくケースがあります。

3 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。