天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

内科治療より手術した方が安心できるケースも

 患者さんの状態によっては内科治療が最適なケースもありますが、思い切って早めに手術をした方が、安心して仕事や家庭に復帰できるケースもあります。参考までに、心臓病の手術が必要になってくるケースは、9割が何らかの自覚症状が出た段階です。胸痛、息切れ、呼吸困難、周囲の歩行速度についていけないといった症状があれば、手術適応ゾーンに入ったと考えてください。

 診断を受けた循環器内科だけでは不安だったり、治療法に迷っている場合は、重症にならないうちに「セカンドオピニオン」を受けることも大切です。

 セカンドオピニオンを受けるときは、それまでの自分の担当医から病状の経過や治療方針などが書かれた診療情報提供書や検査結果などを出してもらう必要があります。担当医に遠慮してセカンドオピニオンを躊躇してしまう患者さんもいるようですが、近年ではセカンドオピニオンを受けることが当たり前になってきているので、気兼ねすることはありません。

2 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。