天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

手術の賞味期限をいかに延ばすか

 私が心臓の手術を手掛け始めたのは、今から25年ほど前になります。当時と比べ、今の心臓手術が大きく進歩した点が「耐久性」です。

 人工弁などの人工材料もそうですし、バイパス手術の時に患者さんの体から採取して使う血管も、なるべく長期に耐えうるものを使用するようになりました。

 かつての心臓手術には“賞味期限”がありました。とりわけバイパス手術は、1度目の手術を受けたあと、どこかのタイミングで必ず再手術や再治療が必要でした。当時は「助かってなんぼ」というようなところがあり、その時さえ乗り越えられればヨシとされていたのです。

 しかし現在は、一度手術を受ければかなり長期間もつようになり、再手術や再治療のリスクを大幅に減らすような計画的な手術ができるようになりました。事前の検査の進歩や、手術経験の積み重ねによって、それが可能になったのです。

1 / 3 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。