天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

手術の賞味期限をいかに延ばすか

 そうしたエビデンスに基づき、いかに“賞味期限”が短い血管を使わないように避けるか。将来的に血管が傷んだとしても、いかに心臓全体に影響を及ぼさない場所に使うか。そうしたリスクを考慮しながら組み立てていくのが今の心臓手術なのです。

 手術の際は、まず「この患者さんはこのぐらいの手術時間なら耐えられるだろう」という見込みを立て、次に「その時間内でどのぐらい効果的なことができるか」を計画し、その次に「その時点で考えられる最も妥当な材料(血管)」を選択していきます。

 25年前のような「とにかくその場で助けられればいい」という手術ではなく、患者さんのこれからの人生が先詰まりにならないようにリスクをしっかり測りながら、年齢や性別から考えられる平均余命以上を獲得できる手術をしていく。

 これが、現在の心臓手術で大事なことなのです。

3 / 3 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。