天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

不確かな健康情報をうのみにして人工透析に

順天堂大医学部の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 飲み始めた頃は、それなりに効果もあったようで、本人も「漢方薬を飲んでから調子がいい」と喜んでいました。しかし、ある時からどんどん血圧が上がってきてしまい、気がついた時には、降圧剤を投与しても血圧をコントロールしづらい状況になってしまったのです。

 結局、高血圧の状態が長く続いてしまったことで腎機能が衰え、人工透析を受けなければならない状態まで悪化してしまいました。あいまいな知識にとらわれて漢方薬を飲み続けることなく、毎日、朝晩しっかり血圧を計測して定期的に診察を受け、早い段階で異変に気づいていれば、深刻な事態を招かなくて済んだかもしれません。

 他にも、一生懸命飲んでいるサプリメントが逆効果になるケースもあります。不確かなクチコミや宣伝文句をうのみにして、自己判断で行う“健康法”はリスクを伴うことがあるので注意が必要なのです。

2 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。