天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

不確かな健康情報をうのみにして人工透析に

順天堂大医学部の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 そのため、大きなストレスを感じる極端な食事制限は、患者さんにはあまりおすすめしていません。とりわけ、高齢者は無理なダイエットはやめたほうがいいでしょう。極端に偏った食生活をしていない限り、そこまで必死にダイエットに取り組む必要はないのです。

 自分の病気や健康法に対する知識を自分で勉強する患者さんは、“出たとこ勝負”の患者さんよりも、健康な日常を取り戻せる可能性は高いといえます。しかし、いたずらに患者さんの不安をあおるようないい加減な情報に振り回されてはいけません。あくまでも正確な医療情報こそが、健康の“ヒント”になるのです。

4 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。