真似したい伝承療法

青森県の焼きシジミ

青森県の焼きシジミ(C)日刊ゲンダイ

 タウリンはアルコールの分解を助けて肝臓の負担を軽減するほか、肝臓内の中性脂肪を取り除く作用も期待できる。

 ただ、肝炎の人は要注意だ。シジミは鉄分が多く、それが肝臓を酸化させるなどの悪事を働きかねないので、食べすぎには気をつけたい。

 もちろん、健康な人は問題ない。二日酔い対策などで、焼きシジミを肴に飲めば、肝臓に栄養素が染み渡るはずだ。

(健康ライター・宮岸洋明)

2 / 2 ページ

宮岸洋明

1965年、石川県生まれ。出版社勤務後、95年、健康ライターとして独立。以来20年、健康雑誌などで取材・執筆活動を開始。本連載では、世界的な長寿国である日本の伝承料理がテーマ。「健康長寿の秘訣は“食”にあり」をキーワードに、古くから伝えられてきた料理や食材を実食し、その栄養価、食味や調理法を紹介。筆者自身も、約1年前から数々の伝承料理を食べ約20キロのダイエットに成功。メタボを脱出し、健康診断もオールA。