愉快な“病人”たち

絵本作家 有田奈央さん(36) 脳梗塞

有田奈央さん(C)日刊ゲンダイ

 2013年11月のことです。ふと夜中に目が覚めました。頭痛がして、でもガマンできる程度だったので、再び眠りにつきました。そして、いつものように朝のアラームで目覚め、起き上がって暖房のスイッチを入れようとしたら、左手がしびれて動かなかったのです。立ち上がろうとすると、左足も動きません。頭も重くて痛いのです。

 変な寝方をして寝違えたのかな? と思いながら、しばらく横になっていました。でも、30分たっても左半身のしびれはなくならず、動きません。同居している妹に相談すると「風邪でもひいたのだろうから、安静にして寝てたら」と言われました。

 当時、私は絵本作家としてデビューしたばかりで、保育園で給食調理と保育補助のパートをしていました。それまで大きな病気をしたこともなく、疲れが出たのかな? くらいに思って、パートを休みました。

 そのまま横になっていたのですが、気が付いたら夜で、12時間も眠りこけてしまいました。ただ、相変わらず左半身はしびれたままで、ますます動かなくなっていました。お腹はすいているのだけど、動けません。それで、友人に電話をして来てもらうことに。

1 / 4 ページ