愉快な“病人”たち

歌手 西城秀樹さん(60) 脳梗塞

西城秀樹さん(C)日刊ゲンダイ

 最初の脳梗塞は2003年。韓国でコンサートをしていた時でした。どうにも疲れがとれず、口元が下がっていた。帰国後にかかりつけ医に診てもらって、脳梗塞だとわかったんです。大きく報道されたから驚かれてしまったけど、入院も1週間ほどで、すぐ仕事に戻りました。以来、禁煙しましたが、この最初の脳梗塞は“生活改善の気づき”を与えてくれた程度の軽い症状でした。

 問題は2回目の脳梗塞です。11年の12月、朝、自宅で寝室のある2階から1階に下りようとしたら足先がもつれて階段から転げ落ちた。その日はリハーサルも問題なくこなしたけれど、ろれつもおかしいというので、仕事を終えてからかかりつけの病院に行ったのです。

 MRI検査は問題なし。帰ろうとした時、この病院の教授である先生に会った。僕の顔を一目見て、「もう一度くまなく検査を」と言われ、その日一晩入院することに。

1 / 4 ページ