愉快な“病人”たち

落語家 林家木久扇さん(77) 喉頭がん

林家木久扇さん(C)日刊ゲンダイ

 去年の6月、もう夏になろうというのに空咳が出るようになりましてね。内科医に風邪薬を処方してもらったものの、4、5日経っても変わらない。次第に声がかすれ、内緒話をしているような声になりました。

 うちのおかみさんに言われて、耳鼻科で喉を内視鏡で見てもらったら、白くよだれのような帯が左側の声門に張り付いていた。そこで15年前に胃がんでお世話になった大学病院に行き、「喉頭がん」が見つかりました。

 素人考えで、一度がんにかかったから、もうがんはないと思っていたもので驚きましたよ。治療法は、「放射線治療」「放射線と抗がん剤の併用」「手術」のどれか。「抗がん剤と併用」の方ががんが全部消えるというけれど、顔を売る商売としては髪が抜けたり、肌がケロイドになるのは避けたい。幸い、ステージ2の早期がんだったのでピンポイントで照射する放射線治療を選びました。

1 / 4 ページ