愉快な“病人”たち

元プロボクサー 竹原慎二さん(43) 膀胱がん

竹原慎二さん(C)日刊ゲンダイ

 2年前のことです。トイレに行ったのに、またすぐ尿意がくる。走ると膀胱が刺激されてまたトイレ。酒をやめてもダメ。膀胱炎の薬を飲んでも効かない。膀胱炎の菌も見当たらない。

 かかりつけ医からは「前立腺肥大だから、うまくつき合っていくしかない」と言われて。年齢的にはかなり早いけど、「年には逆らえないのか」とも思っていたんですよね。

 ところが、カレーなど辛いものを食べると、尿意を催す1時間前あたりから膀胱の近辺が痛くなる。排尿時は、熱い塊が尿道から出る感覚に襲われるときもあって。不定期ですが、のたうち回るほど痛い。そして、ついに大晦日に血尿が出たんです。

 年明けに総合病院を受診すると、「腫瘍は見つからないが、血中のがんの数値が高い」と言う。でも、1カ月後に生検をすると、膀胱に2・5センチの腫瘍が見つかり、その場で切除しました。病理検査に出したらリンパ節への転移もわかった。

1 / 4 ページ