独白 愉快な“病人”たち

元プロボクサー 竹原慎二さん(43) 膀胱がん

竹原慎二さん(C)日刊ゲンダイ

「ステージで言うと、どのくらいでしょうかね?」と尋ねると、「まあ、“3”でしょうね」と。

 ネットで調べると、リンパ節への転移で生存率は30%台。セカンドオピニオン、サードオピニオンと違う病院を訪ねても結果は変わらず、聞くたびに落ち込む。「俺はもう死ぬんだ」とため息がこぼれました。

 生検した病院で治療することに決めたのですが、方針を聞くと「君に専門治療がわかるのか」と言わんばかりで。自分の血液中の免疫細胞を採取・増殖させて体内に戻す「免疫療法」をやりたいと言っても、根拠がないと一蹴。検査データの貸し出しも渋々……。

 ボクシングジムを共同で経営している畑山(隆則)に話したら「専門病院で納得のいく治療をしたほうがいい」と言う。それで病院をキャンセルし、東大病院に変更した。こちらの医師は俺の意向を聞き入れてくれるし、スタッフの方が皆やさしい。治療に対する心理的な負担はかなり減り、病院選びも大事だと気づきましたね。

2 / 4 ページ