愉快な“病人”たち

歌手 伍代夏子さん(53) C型肝炎

伍代夏子さん(C)日刊ゲンダイ

 33歳の時、劇場公演を控えていたので、何の気なしに健康診断を受けたんです。すると、「肝機能の数値がちょっと高い」と言われ、再検査を受けたら、C型肝炎という結果。感染原因が全く思い当たらないので驚きました。ただ、当時は病気の知識がなかったので、楽観的でしたね。

 担当医によれば、私のウイルスは機嫌よくお休みしている状態。急に機嫌が悪くなって暴れだしたら、インターフェロンという薬で叩かなくてはならない――とのことでした。

 私は、どちらかというと白黒はっきりつけたい性格。薬があるなら今すぐ治療を始めたい。

 ところが先生は「タイミングが大事。副作用が強く、100%完治するとは言えない。あなたの場合、今はする治療がない」とおっしゃり、月1回の経過観察になりました。

 それから10年。数値は安定したままで、先生からも「今後大事になることはないんじゃないか」とお墨付きをいただいていたのですが、ある時、同じ病気のヘアメークの方から「新薬で治った」という話を聞いたんです。

1 / 4 ページ