愉快な“病人”たち

お笑い芸人 村上ショージさん(59) 急性A型肝炎

村上ショージさん(C)日刊ゲンダイ

 1年前の2月、明石家さんまさん主催の舞台の1カ月前から、なんや風邪が抜けないようなダルさが続いていたんです。病院にも行き、正月にオーストラリア旅行で食べた生ガキがあたったのでは……ということで様子見をしていた。

 ところがダルさは増すばかり。稽古が始まると休憩中は無駄話もできなくなり、「そんなに食うたらバカになるで」と言われるほどだった食欲も落ちた。1月の東京公演前後は、内緒で点滴を打ちながらなんとかこなしました。

 東京公演から4日後、大阪公演当日の朝、どうにもひどくなって、診療所に行くと、大きな病院に行けと言われ、検査したら肝機能のγ―GTPが5600もあった。普通なら20~30、ひどくても200ぐらいやのに、医者も「3000は見たことあるけれど、5000なんて見たことない」と。急性A型肝炎でした。

「今入院しないと死にますよ!」と脅され即入院。さんまさんは、公演自体を延期にするという決断をしました。舞台は100人ものスタッフが動きますからね。さんまさんは大きな負債を出してしまいました。

1 / 4 ページ