愉快な“病人”たち

クリエーター 高橋晋平さん(35) 頚肩腕症候群

高橋晋平さん(C)日刊ゲンダイ

 28歳の時、両手が動かなくなり、会社を長期で休むことになったのがこの病気に気づいた瞬間でした。

 腕のだるさが始まったのは、入社2年目の25歳のころ。手が痛いと思いつつ、仕事に、ゲームに、ブログ。イラストレーターやフォトショップの使い始めで慣れないせいもあり、週末になるとパソコンのマウスを持つ右手首に痛みが出ました。

 整形外科に行っても、レントゲンではわからないし、治療は赤外線を当て、安静にするぐらいしかなかった。

 1~2年経つと、マウスを持つ右手が1~2時間でどうにもならなくなり、左手でマウスを使うようになって、さらには両方とも痛くなっていました。

 そして2008年5月、両腕が動かなくなり、会社を休まざるをえないほどに。指がしびれて力が入らない、ペットボトルのフタを開けることすらしんどい。これは異常事態だと気づき、「脱力」「痛い」をキーワードに専門病院を調べ、新小岩にあるクリニックを受診しました。そこで初めて、「頚肩腕症候群」と診断されたんです。

1 / 4 ページ