愉快な“病人”たち

タレント 毒蝮三太夫さん(78) 腸閉塞

毒蝮三太夫さん(C)日刊ゲンダイ

 2005年12月、聖路加病院の日野原重明先生の文化勲章受章パーティーに出席した時、「腹がおかしいな」と思ったのが始まりだったね。食欲がないし、酒を飲みたいと思わない。その足で病院に行ってエコー検査はしたものの、精密検査が必要ってことで正月過ぎて落ち着いてから調べることに。腹にしこりがあるのも分かっていたし。マネジャーに言わせると入院までの2カ月、移動中は黙って寝ているだけで食欲もないから、いつもと全然違ったらしいよ。

 その年のNHK大河ドラマがタッキー(滝沢秀明)の義経で、年越しを鎌倉で過ごそうと、31日、女房と車で行った。名物のシラスの寿司を2、3個食べて元気だったのに、22時ごろになって猛烈に腹が痛くなった。これじゃ初詣どころじゃないと、宿をキャンセルして夜中に自分で運転して自宅に戻り、近所の病院に駆け込んだ。

「これじゃ手遅れよ! どうしてここまで放っておいたの!」といきなり、宿直の女医さんに叱られた。ガスでおなかがパンパン。そこの設備では対応できないということで、国立病院に電話を入れてくれた。大みそかの深夜だから病人は俺だけ。静かだからよく聞こえたよ。

1 / 4 ページ