愉快な“病人”たち

元衆院議員 与謝野馨さん(76) 下咽頭がん ㊦

与謝野馨さん(C)日刊ゲンダイ

 39歳で悪性リンパ腫、62歳で直腸がん、63歳で前立腺がん、68歳で下咽頭がんにかかり、2年前、下咽頭がん再発による声帯切除をきっかけに議員を引退しました。

 今年でがんサバイバー歴37年。正直、議員は辞めたくなかった。でも、国民と話せないし、国会でも議論ができない。肝心なことは声で説明しないとダメなんです。声が制限されてしまうのでは議員を続けられない。引退を決意しました。

 下咽頭がんは歯痛がきっかけ。夜中に突然左下の奥歯が痛み出し、抗生物質など数種類処方してもらっても痛みは変わらず、そのうちに首の左側にしこりができ、飲み込む時に喉の奥になんとなく違和感を感じる。

 調べてみると人生4つ目のがんが見つかったのです。

 そして5年後に再発、翌年声帯も切除し、シャント法というプラスチックの弁を入れて発声する方法にしました。

1 / 4 ページ